サイト運営におけるホスティングサービス選びはそれほど重要ではない

ウェブサイト運営にあたって、ホスティングサービス選びはそれほど重要ではありません。どのサーバーに入っていようと、表示される情報にはあまり変わりがないものです。

膨大な訪問者数があればまた別の話になりますが、たいていのサイトの訪問者数はせいぜい数百人~数千人程度のケースが多く、アクセスが集中して回線がつながらないということはほとんどありません。

1日のアクセス数が50以下のサイトが8割を超えるといわれており、500を超えるサイトはほんの数%というのが実際のところです。

それよりも、ドメインやコンテンツ、ウェブデザインといったファクターの方がより重要になります。

特にドメインの場合、サイト運営期間の長さや参照されるリンク数の多さなど、SEO対策の面でも重要になりますし、サイトの所有権というのは、実質的にはドメインの所有権と言い換えることができます。

ホスティングサービスはいつでも変えることが可能ですが、ドメインについては簡単に変更することはできません。ドメインネームは、ネット上のホームページの住所といわれていますが、どちらかというと、ドメインが本籍地、サーバーが現住所という意味合いになります。

現住所であるサーバーは引っ越しをしてどこに移ることも可能です。けれども、ドメインネームはサイトのアイデンティティーともいえるものですので、簡単には変更することができません。

そういった意味で、ドメインの選択は1度きりの重要なことになりますが、サーバー選びに関しては失敗したと気付いたら他のサービスに乗り換えればいいだけのことです。

むしろ、一番大切な要素はコンテンツということができます。

ドメインについては、優良なものはネット上のオークションサイトで毎日のように取引されていますので、お金さえ出せば、それほど時間も手間もかかりません。また、サーバーについても、引っ越しをしたとしても、DNSの反映までに多少の時間がかかるぐらいで、半日~1日もあれば間に合います。

ただ、コンテンツの作成は時間がかかるのが一般的です。ウェブデザインから画像の選択、あるいはライターへの文章の依頼など、一朝一夕には完成しないものです。

そういった意味においては、レンタルサーバー選びというのは、何度でも失敗ができる類いのものですので、あまり時間をかけずに、ドメイン選びやコンテンツの作成に重点を置くようにしましょう。